仮想通貨TrimpoのICO詳細や購入方法について!

仮想通貨TrimpoのICOが近いうちに始まります。

独自のショッピングシステムを構築することを目的に開発が進められており、決済だけでなくアマゾンやeBayのように商品の管理まで行うこということらしいです。

この記事の中で、トークンの詳細からICOスケジュール、実際の購入方法までステップごとに解説していきたいと思います。

仮想通貨Trimpoの特徴

Trimpoはどのような仮想通貨なのか?について説明していきたいと思います。

公式の動画はこちら

・Trimpoの基礎情報

ティッカー TRIMPO
レート 1 TRIMPO = 0.0025 ETH
ベース イーサリアム
トークンの種類 ERC-20
発行上限 500 000 000 TRIMPO

公式Twitter

Facebook

・Trimpoはどんな目的で作られた?

Trimpoの公式サイトを見てみると、「電子商エコシステム」というフレーズが見られます。

つまりオンラインショッピングのプラットフォームということですね。

いまや私たちの日常から切っても切り離せない存在となったオンラインショッピング。フィンテックやIoTが広まるにつれ、需要は今以上にあがっていくと見込まれており、Trimpoの試算では2021年までに現在の2倍ほどまであがると予想しています。

例を挙げればきりがありませんが、アマゾン・楽天・eBay・Estyなどなど・・・。国内外に数多くのサービスがありみなさんもよく使うサイトがあると思います。

しかし、それらのサイトは運営会社が違うためいちいち登録しなければいけません。

これは利用する側からしても、販売をする側する側からしても不便な点ですよね。

そこでTrimpoのプラットフォームに登録すれば、アマゾン等のネットショッピングサイトをすぐに利用できます。さらに各種SNSとリンクするので、販売する側も自分のショップの宣伝がしやすくなりますよね。

Trimpoのプラットフォームを利用すれば、会社だけでなくクリエイターが自分の商品を海外のユーザーにも販売しやすくなるので、よりグローバルな規模でチャンスをつかみやすくなるかもしれません。

仮想通貨Trimpoの将来性

Trimpoは将来性のある仮想通貨なのでしょうか?今後のプロジェクトのロードマップはこのようになっています。

各地域にオフィスを構える予定なのですね、中国はアリババなどのサービスがかなり人気なので日本でTrimpoのサービスが使えるようになるまでは少し時間がかかるかもしれません。

詳細なロードマップは下記のとおり。

すでにE-bayやアマゾンとの統合は完了していたり、システム開発が進んでいるようなのでトークンセール後から実働までの期間が短めなのも特徴です。

メッセンジャーやテレグラムでも使えるようになるのはかなり便利ですね!

ICOのプロジェクトを批評するICOBenchでは4.1/5という高い評価を得ているため、客観的に見ても将来性の高いプロジェクトだと判断できるでしょう。

TrimpoのICO詳細

TrimpoのICOは下記のようなスケジュールで開催されます。

・ プレセール

期間 2018年5月15日〜6月12日
レート 1Trimpo=1/400 ETH
最小金額 1TRIMPO、0.00025ETH
ソフトキャップ 2,000ETH
ハードキャップ 5,000ETH

プレセールは現在開催中ですが、期間中に参加すると以下のようなボーナスが獲得できます。
・250 ETH以上の購入で5%
・625 ETH以上の購入で10%
・1,250ETH以上の購入で15%
・2,500ETH以上の購入で20%

250ETHとは中々ハードルが高い印象ですが、よく見てみると最小購入数が1TRIMPOからと少数から購入できます。
プレセールで1単位ずつ買えるのは、かなり珍しいですよね。

・トークンセール

期間 2018年6月22日〜8月31日
レート プレセールと同じ
最小金額 プレセールと同じ
ソフトキャップ 30,000ETH
ハードキャップ 125,000ETH

仮想通貨Trimpの購入方法

Trimpoを実際に購入してみましょう!

まずはこちらにアクセス。

任意のメールアドレスとパスワードを入力して、Sign up(登録)をクリックします。

すると、登録したメールアドレス宛に下記のようなメールが届きます。

本文中のリンクをクリックしたら、ログインページが表示されるので先ほど設定したパスワードを使ってログインしましょう。

ちなみに、フェイスブックやグーグルアカウントを使ってもログインできます。

セキュリティを高めたい場合は、SNSと情報を同期しないほうがいいかもしれません。

無事ログインできたら、自分のイーサリアムアドレスを入力するフォームに移ります。

イーサの送受信ができるウォレットであればなんでも大丈夫です。取引所のアカウントしかない人はMy ether walletなどのウェブウォレットを作ると簡単ですよ。

ウォレットアドレスが登録できたら、下のようなダッシュボードが表示されます。

BUY TOKENS(トークンを買う)ボタンを押すと、購入方法が記載されたページに切り替わります。

Trimpoはふたつの方法で購入が可能です。

ひとつめは、ページ上部に表示されたイーサリアムアドレスに送金する方法。

ふたつめは他の仮想通貨を入金する方法です。

ここでは分かりやすいように、ビットコインを選択してみます。

銘柄を選択して数量を入力すると、送金先のウォレットアドレスとQRコードなどの情報が表示されます。

このとき、表示されている時間内に送金を行うことと、個別のIDをメッセージ欄等に入力するのを忘れないように気をつけてください。

トークンの受け取りなどはイーサリアムのウォレットで行うので、イーサリアムで支払うほうが便利かな?とおもいますが、その時のレート等の状況に合わせて変えられるのが便利ですね。

以上のステップが終わったら、運営からの連絡を待ちましょう。

もしも連絡が来ない場合は、トップページから問い合わせ用のメールアドレスが表示されているのでそちらを利用してくださいね。

まとめ

この記事ではTrimpoの特徴からICOへの参加方法まで解説いたしました。

独自の電子商システムだけでなく、既存のサービスともリンクできるのはかなり便利ですよね。

個人的にはネットショッピングをよく利用するので、早く日本でも使えると嬉しいです。

興味があるかたはこちらから登録できます。

最後に、投資は余剰資金で無理しない範囲の自己責任で行なってくださいね。

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする