【ICO実施中】仮想通貨MoneyTokenの特徴・将来性・買い方まで!

今回はMoneyToken(マネートークン)のICOの登録・買い方・購入方法について詳しくご説明していきます。

MoneyTokenは仮想通貨界で1位2位を争うほど有名なロジャー・バー氏が顧問を勤めていることで世界中から注目されているICOですね。

MoneyToken(マネートークン)の特徴

動画がわかりやすいので見てみてください↓

MoneyToken(マネートークン)の特徴についてできるだけわかりやすく書いていこうと思います。

MoneyTokenは冒頭にもお伝えしたように融資サービスのプロジェクトです。

これだけだとピンときませんよね。笑

具体的に説明しますね。

まず、仮想通貨で利益を得るためには低値で買って、数ヶ月、もしくは数年単位で保有したあと高値で売るというのが主流になっています。

その間、法定通貨が少なくなって生活が圧迫されたり、本来売りたくないのに税金を支払うために仮想通貨を崩して現金に変えた方もいるのではないでしょうか。

個人的にも数年単位で保有していたい仮想通貨があるのに税金のために売らなければならない時に、将来値上がりすることを考えれば勿体無いような気持ちになったことがあります。笑

これを解決してくれるのがMoneyTokenです。

MoneyTokenはBTCやETHなど仮想通貨を担保に融資を受けることができますから、仮想通貨を売って法定通貨に交換する必要がありません。

しかも仮想通貨を担保している(預けている)間、預けている仮想通貨が値上がりしても融資返済後は担保の全額が返却されます。

「キャピタルゲインをしっかり取得しながら融資を受けるとこができる」という画期的なスキームなのです。

また、AmandaというAIを使い自動融資操作で迅速に融資することもできますし、将来的にはカードを使ってどこでも法定通貨を引き出せるようにプロジェクトを進めて行くそうです↓

MoneyToken(マネートークン)の将来性

MoneyTokenの将来性について、思うところをお伝えします。

まず、僕がMoneyTokenに将来性を感じたのが税金の法律が今後の価値を左右させるのでないかということです。

ご存知の方もいるかもしれませんが、アメリカでは1年以上保有した仮想通貨の税率と1年未満に取引した場合の税率が違います。

1年以上長期保有した場合だと、0/15/20%の税率で、1年未満の場合ですと10~39%の税率がそれぞれ適用されます。

このようにアメリカでは仮想通貨を1年以上保有する人を優遇する税制となっています。

日本でも地域によって変わってくるところもあると思いますが、5年以上保有した場合だと税率20%というのも聞いたことがあります。

仮想通貨を担保に、法定通貨の融資を受けることができるわけですから、まだまだ値上がりを見込んでいる仮想通貨を保有したい人にとっては嬉しいプロジェクトですよね。

特に仮想通貨界は少額からでも大金を手にした人も多いですし、長期保有したいという需要は世界でも共通していると思います。

MoneyTokenが誕生することで長期保有する人がもっとたくさん増えていくかもしれませんね。

これがMoneyTokenを利用させる・価値を伸ばす可能性があると感じる理由です。

MoneyToken(マネートークン)のICO詳細

トークン名:MoneyToken

シンボル:IMT

トークンセール価格:0.5セント

プレセール

プレセール3月22日〜4月22日

3月22日:30%ボーナス
3月22日〜4月22日:25%ボーナス

ソフトキャップ:150万ドル

ハードキャップ:500万ドル

トークンセール

トークンセール5月2日〜6月6日

5月2日:20%
5月2日〜5月9日:15%
5月10日〜5月17日:10%
5月18日〜5月25日:5%
5月26日〜6月6日:0%

ソフトキャップ:300万ドル

ハードキャップ:3500万ドル

MoneyTokenの買い方

ここでは仮想通貨MoneyTokenの買い方についてわかりやすくお伝えしていこうと思います。

MoneyTokenはBTC、ETH、BCH、LTC、NEMを送付して購入します。

上記の仮想通貨から購入しますので、仮想通貨の準備をしておきましょう。
まだ取引所の開設をしていないという方は、まず国内取引所の開設をしてからBTCなどの仮想通貨を購入してください。

開設をしていない方へのおすすめ記事↓
【仮想通貨】国内・海外別の取引所ランキング!

それでは実際に購入する手順の説明です。

まずはじめにMoneyTokenの公式サイトを開いてください↓

「JOIN PRE-SALE」のボタンを押してください。

するとメールアドレスの入力画面になりますので、入力したら「LOGIN」のボタンを押します。

ボタンをクリックしたら、今登録したメールアドレス宛てに、MoneyTokenからメールが届いているはずなので確認してください。

もし5分以上たってもメールが届かないようであれば、迷惑メールを確認してください。それでも届かないようであればもう一度メールアドレスを記入して再登録してみてください。

MoneyTokenからこのようなメールが届いているはずです。

「Confirm your email」をクリックしたら、こちらの画面になります↓

パスワード2回を入力したら「SAVE PASSWORD」をクリック。

全て入力し、間違いがないか確認した後「セーブ」のボタンを押します。

次の画面はトークンが配布される際にどこのウォレットで受け取るかの設定です。

ETHウォレットは取引所のアドレスではなく、マイイーサリアムウォレット(MEW)やメタマスク(METAMASK)、Mistなどのウォレットの受け取りアドレスを入力します。

取引所のアドレスを入力してしまうと受け取ることができなくなります。
また、一度設定すると変更はできませんから注意してください。

使い勝手の良いメタマスクの作り方などの記事書いてますので、参考にしてください↓

仮想通貨メタマスクの開設方法を詳しく紹介しています。グーグルクロームの拡張機能メタマスクは分散型の取引所やウォレットとして使うだけでなく、メタマスクがないと購入することができないICOトークンなどもあります。開設していない方は是非この機会に開設しておきましょう。

そして「セーブ」のボタンをクリックして、間違いがなければ「確認」のボタンを押してください。

そしていよいよ購入ですが、トップページ画面のこちらを見てください。

最初にお伝えしたようにBTC、LTC、BCH、ETH、NEMで購入することができます。

準備した仮想通貨を選択してください。

BTCを選択したならBTCのアドレスを生成した後に、そのアドレスに購入する分のBTCを取引所からでもウォレットからでもOKですので送金します。

お疲れ様でした^ ^
MoneyTokenの買い方について以上です。

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓