【仮想通貨】メタマスク開設方法から使い方まで!入金〜送金方法

今回は、イーサリアム(ETH)用のウォレットのMetaMask(メタマスク)について開設方法を紹介していきます。

イーサリアムのウォレットは、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)という有名なウォレットツールがありますが、最近はイーサリアムプラットフォームを利用したDAppsが数々発表され、メタマスクの登録が必要になる機会が増えました。

また、ICOに参加する時にもメタマスクから送金する必要があったりと開設必須です。

では、メタマスクの開設方法(登録方法)について、画像を使いながら分かりやすくお伝えしていきます。

Googlechrome上で使えるウォレット「MetaMask(メタマスク)」

メタマスクはイーサリアム(ETH)通貨を預けておけるウォレットツールで最近特に人気が高まっています。

それは、イーサリアムプラットフォーム上で利用するDAppsがたくさん登場したことが理由の一つでしょう。

DAppsは、仮想通貨のプラットフォームを利用したアプリのことで、ゲームをしながら仮想通貨を受け取ったり、お金を稼ぐなど遊び感覚でお小遣いをゲットできる優れものです。

DAppsのゲームはメタマスクを利用するものが多く、「ゲームを楽しみながら仮想通貨投資をしたい!」という方にはMyEtherWallet(マイイーサウォレット)よりもおすすめと言えます。

しかも、メタマスクはGooglechromeの拡張機能として利用できるので、使い勝手に優れている特徴があります。

メタマスクの開設方法を画像付きで紹介!

メタマスクの開設方法(登録方法)は非常に簡単で、主に下記の2つの手順を踏むだけで登録が完了します。

  • Googlechrome上でメタマスクをダウンロード
  • パスワード設定を行う

Googlechrome上でメタマスクをダウンロード

メタマスクに登録するには、ご自身のGooglechrome上にアプリをダウンロードしましょう。

まず、こちらのクロームストアに移動してください。

すでにメタマスクの検索結果ページになっていると思います。

このようなページですね↓

私の場合すでに取得していますので「評価する」という表示になっていますが、まだメタマスクを拡張機能に入れていない場合は「➕CHROMEに追加」という表示になっていると思いますので、それをクリックし、

上に「メタマスクを追加しますか?」と表示されたら、「拡張機能を追加する」を押します。

※たまに偽物↓のメタマスクが出現することもあるので注意してください

インストールが完了すると、ご自身のGooglechromeの右上の画面に上のようなキツネのアイコンが表示されます。

これで、ブラウザからいつでもメタマスクを起動できるようになりました。

パスワード設定を行う

インストールが完了すると、出現したキツネマークを押すと、上のような画面が表示されます。

「New Password」という欄には、ご自身が決めた好きなパスワードを入力し、「Confirm Password」には、今入力したパスワードをもう一度入力してください。

パスワードはセキュリティ上30文字以上推奨です。

今度は上のような画面が表示されます。

画面の中央部分に12個の英単語が現れますので、全て厳重に保管しておくようにしましょう。

第三者にこの12のキーワードが漏れてしまうとハッキングのリスクがあります。

パスワードが分からなくとも、この12の英単語だけでメタマスクのバックアップをすることができるため、不正アクセスされてしまいますから人には絶対に見せないようにしてください。

※つまりはメタマスクを復元する時にもこの12のキーワードが必要になります。

「SAVE SEED WORDS AS FILE」をクリックすると、12個の単語をダウンロードすることができます。

メモを取るかダウンロードができると、最後に「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」を押すと設定は完了します。

これでメタマスクを使うことができるようになりました。

ウォレット名の変更方法

ウォレットをインストールしたら、ウォレットの名前から変更しましょう。

メタマスクでは複数のアカウントを持つことができますので、ご自身で見分けが付くように名称をつけておきましょう。

まずはメタマスクを開いてください。

初めは自動的に「Account1」と表示されていますが、今回は「METAMASK」に変えてみます。

「Account1」 のところにカーソルを持ってくると。「edit」という文字が浮かび上がってきますのでそちらをクリックしてください。

そうするとウォレット名変更画面になりますので、「METAMASK」に変更後、「SAVE」を押してください。

ウォレット名の変更は以上です。

メタマスクへの入金方法

メタマスクの入金方法についてわかりやすく説明しようと思います。

メタマスク仮想通貨のウォレットでは、一般的にメタマスクでの入金はETHで送金します。
(※ETHプラットフォームの仮想通貨でも可能です)

まずメタマスクを開いて下さい。

下の画像のようににカーソルを移動させて「Copy Address to clipboard」をクリックすればメタマスクのアドレスをコピーすることができます。

あとはご自身で使っているウォレットや取引所から、先ほどコピーしたアドレス宛に送付したいETHの数量などを送金して下さい。

送金してから反映されるまでしばらく時間がかかることもあります。

早い場合だと5分程度で送金が反映されます。

メタマスクからの送金方法

メタマスクではETHを送金することができます。

開いたら、「SEND」のボタンをクリックします。

すると、このような画面になりますので送金先アドレスと数量を入力後、「NEXT」のボタンを押して下さい。

次に確認画面に移ります。

ここで確認して間違いがなければ「SUBMIT」のボタンを押して下さい。

「GasLimit」と「Gas Price」はそのままの値で大丈夫ですが、一応説明しますと、

Gas Limit:送金するときにエラーなど起きて手数料が膨れ上がってしまう場合にここまでなら許容範囲ですよ、と手数料の上限を指定するところです。翻訳そのままの意味ですね。笑

かと言って少なすぎると手数料が足りなくて、送金自体できなくなりますのでそのままで。

Gas Price:こちらもGas LImitと同じようなものでマイナーの方に支払う単価のことです。
多くすれば多くするほど手数料も増えてしまいますが、送金エラーも起きづらく送金スピードが早くなります。

ちなみに、数分で売り切れてしまう超人気ICO案件などの場合は、このガスリミットとガスプライスの量を多くするとで、競争に勝ちやすくなるとかなんとか。

メタマスク送金エラーの原因

メタマスクから送金する際によくある原因としては、ガスリミットやガスプライスの設定量が少ないこと。

他にはウォレットに入っている総ETHをそのまま全部送金しようとするとエラーになります。

手数料+送金できるETHを考えると、0.1ETHほど余分にウォレット残高がないと送金できないので気をつけて下さい。

仮に送金できなくともETHが無くなることはないので安心して下さい。

送れたのかどうか確認する方法もありますので一応お伝えします。

メタマスクの送金履歴の場所をクリックしたらイーサスキャンというサイトに飛びます↓

ペンディング状態になっているのであれば送金確認中ですので、しばらく待ってみて下さい。

送金できているか確認するときの参考にして下さい。

メタマスクにマイイーサリアムウォレットを連携(インポート)

イーサリアムのウォレットは今回紹介したメタマスク以外にも、人気の高いマイイーサウォレットなどがありますが、DAppsやICOによっては求められるウォレットの種類が異なるので、できればどちらもダウンロードしておくと便利です。

また、メタマスクではマイイーサウォレットから秘密鍵をインポートして、メタマスク上でマイイーサウォレットにアクセスする機能もあるので、場合に応じてイーサリアム(ETH)のウォレットを使い分けてください。

それでは連携のやり方を説明します。

まだマイイーサリアムをお持ちでない方は、先にマイイーサリアムウォレットを開設しておきましょう!

マイイーサリアムウォレットは秘密鍵や秘密ファイルをインポートするだけで連携することができます。

メタマスクを開き、右上のを選択し、「Import Account」をクリック。

そして、「Priveate Key(秘密鍵)」か、「JSON File(秘密ファイル)」を選択し、必要に応じて入力して下さい。

これでメタマスクとマイイーサリアムウォレットを連携することができるようになりました。

マイイーサリアムウォレットに入っているETHでも、メタマスクからアクセスし送金することができます。

マイイーサリアムウォレットを使ってメタマスクと連携

メタマスクを使ってマイイーサリアムウォレットをインポートする方法を上記では紹介しましたが、

逆にマイイーサリアムウォレットでもメタマスクをインポートすることができます。

手順はものすごく簡単です。

マイイーサリアムウォレットを開いて、

「メタマスクに接続」をクリックするだけです。

メタマスクの残高確認や送金は、マイイーサリアムからでも可能です。

まとめ

イーサリアムのウォレットは今回紹介した人気の高いマイイーサウォレットやメタマスクなどがありますが、DApps(分散型取引所など)やICOによっては求められるウォレットの種類が異なるので、どちらもダウンロード推奨です。

現在ではICOの参加するためには、必要不可欠なウォレットですので是非試してみて下さい。

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓