ECOってどんな仮想通貨?将来性や購入できる取引所

今回は、その名の通り地球のエコを考えて発案された仮想通貨「ECO(エココイン)」の将来性や購入でぉる取引所を紹介していきます。

地球環境の保全を考える人が増えるに従って経済や社会はますます変化していきます。そして、ECOという仮想通貨は、そうした新しい世の中には欠かせない技術になるかもしれません。

ここからは、ECOの特徴から買い方、将来性について解説していきますので、仮想通貨の有望な投資先をご検討中の方はぜひともご参考にしてみてください。

環境に優しい人ほど報酬が受け取れる|ECO(エココイン)の特徴

仮想通貨ECO(エココイン)は、2017年5月に一般公開されました。

ECOという通貨表記の通り、地球環境をテーマにして開発された珍しい仮想通貨です。地球の環境のことを考えるのはグローバル化が進み、世界会議で話し合われるなど、今後大きな動きが期待されています。環境と仮想通貨技術が組み合わさることで、今までにはない新しいイノベーションが起きると注目が集まります。

では、ECOとは一体どのような仮想通貨なのか? ここからは、ECOに関する特徴をお伝えしていきましょう。

環境保全を主眼に開発されたECO(エココイン)

ECOが生まれた背景は、現在の環境保全という世界的なテーマも建前上で行われている強い危惧から発生しています。私たち人間は既に便利な世の中を享受して生きていますが、では本当に便利さを犠牲にして環境のために行動できるかと言えば、実際に行動に移せるのはごく一部の人だけでしょう。

現在の生活環境を維持、発展させていくには、山林を切り崩し、地球エネルギーを掘削し、増殖していく人口を食べさせるために動植物を殺さなくてはなりません。経済と社会の維持と環境の保全は決して両立しないという認識が一般的です。

そこで、環境のために行動を起こすのは1人1人の小さな行いが大切となります。ECOはその部分に目を付けました。

環境に良いことをすることでECOコインがもらえる

ECOが開発された理由は、「地球環境を良くするためには行動するための対価が必要」だと考えたからです。

私たちは便利な世の中に慣れきってしまっています。「これからは環境のことも考えて行動しよう」と言われても、建前上は「そうだね!」と同意できる部分はあっても、いざ行動しようとしても過去に経験した旨味(利便性)を捨てきることは難しいでしょう。また、何から始めてよいか分からないという問題もあります。

そこで、ECOは「報酬」という制度によって人々の行動を促します。さらに、ECOは、「行動を起こすのは小さな一歩でも構わない」と言います。

たとえば、今まで車や電車で通勤していた会社まで、これからは徒歩や自転車で通うようにするなど。ジョギングで通勤するなど、ご自身の健康面にも配慮できるので良いですね。ECOは、こうした環境に配慮した行動をとった方に対して、ECO通貨をもって報います。これがECOの報酬制度です。報酬制度があることで、人々は自発的に環境を考えて行動するだろうと考えられます。

貯めて使えるECOコイン

ECOの独自通貨「ECO」は、報酬として受け取った後、単に貯めたり通貨売買に使ったりするだけでなく、物やサービスを購入する代金としても利用できます

ECO通貨を使えるのは、一般的な消費財やサービスではなく、環境に優しい物に限られています。たとえば通勤用の自転車やランニングのための靴、地元の農産物など、通貨が使える商品も「エコ」というテーマでくくられています。

ECO通貨の利用環境が整ってくると、「私も環境保全のために行動しよう」という方が増え、通貨の使い道であるエコな商材も増えてきます。すると、経済活動そのものが自然環境に優しく、グローバルな視点で私たちの地球を守ろうという運動が活発化するでしょう。

ECO(エココイン)の将来性と買うタイミングについて

ECOが初めて取引されたのが2017年5月24日。当初は、1ECOあたり、645円という価格を付けていました。

その後、価格は急落し、2017年の最低値は5円程度で推移していました。

2017年12月頃より注目が再燃します。一時は550円ほどの価格を付けるなど、上場直後の最高値を期待させる値動きを見せます。

一方、2018年に入ると、中国の規制強化やコインチェック騒動の暗いニュースを受け、価格は下落傾向を辿ります。

まだまだ開発されたばかりの仮想通貨だからこそ、価格の乱高下が激しく、相場が落ち着くまでにはしばらく時間がかかりそうです

ただし、過去に大きな上昇を記録しているのも事実で、2017年の最低価格から2017年12月頃の相場を比べると、なんと110倍程度に成長していることが分かります。

仮に1万円分のECOを保有していたとしたら、その頃は110万円分の価値に上昇していたということです。

ECOの価格変動の性質は、単純に売り買いの「需要」と「供給」のバランスばかりか、世界的なニュース、たとえばCOP会議や新興国の経済成長などにも大きな影響を受けます。

そのため、参考にすべき情報は膨れ上がり、初心者にとっては判断が難しい銘柄と言えます。

まだ発行してから日が浅く、メジャーどころの取引所に上場していないという理由もあり、ECOのご購入をご検討する際は、ある程度仮想通貨取引に慣れたから行うことをおすすめします。

ECO(エココイン)を購入できる取引所

ECOは、2017年5月に取引が開始されました。この記事を書いている2018年5月26日時点で、発行から1年しか経過していないため、まだまだ扱っている取引所は少数です。残念ながら国内取引所では購入することができません。

ECOを扱っている取引所は、海外のCryptopia(クリプトピア)とYoBit(ヨービット)が代表的です。

では、それぞれどのような取引所で、メリットやデメリットは何か? ここから簡単に取引所の特徴を紹介していきましょう。

Cryptopia(クリプトピア)

Cryptopiaは、2014年にニュージーランドで設立した取引所です。

24時間辺りの仮想通貨取引量は8億円で、世界79位(2018年5月26日時点)となっていますが、その規模よりも独創的な取り扱い銘柄が特徴です。ICO直後に一般公開した仮想通貨を中心に扱い、Cryptopiaでしか買えない仮想通貨もたくさん。

現在の取り扱い仮想通貨は400種類を超えるなど、種類だけなら世界最大規模を誇ります。それだけ積極的に新興コインを上場し、ECOもその中の1つです。

YoBit(ヨービット)

YoBitは、ロシア発祥の取引所で、取り扱い銘柄と手数料の安さが大きなメリットです。

24時間辺りの仮想通貨取引量は21億円、世界順位は55位とそれほど注目を集めているわけではありません。ただし、仮想通貨の種類は1,000を超えており、とりわけ注目度の低い草コインを中心に上場しています。中には、上場後大きな値上がりをしたZcash(ジーキャッシュ)や、Tron(トロン)などがあり、リスクを取って大きな利益を期待する投資先として最適でしょう。

ECOなどアルトコインの取引手数料は0.2%の一律となっています。国内取引所などを使うと、2%程度のアルトコイン手数料が発生する場合も多いため、コストを抑えて投資するには向いています。

まとめ

今回は、仮想通貨ECO(エココイン)について、特徴や買い方、将来性を紹介してきました。

地球環境という壮大なテーマを掲げた珍しい仮想通貨で、今後の地球環境の進展に大きな影響を受けるでしょう。

ただ、全世界的に、持続可能な地球環境整備が唱えられているのは事実なので、より環境整備が見直されるほど価値の高まりが期待できます。

また、今後はBinance(バイナンス)やBittrex(ビットレックス)など大手取引所に上場する可能性もあるため、将来性に関しては大きな注目が集まること必須です!

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓