仮想通貨のテストネット、メインネットとは?わかりやすく解説

仮想通貨関係のニュースメディアなどで、よく「テストネット・メインネット」というフレーズを耳にしませんか?

技術的に詳しい人やプログラミングに詳しい人ならよく知っているかもしれませんが、普通に投資をしている分にはよくわかりませんよね?

そこでこの記事では仮想通貨におけるテストネットとメインネットの違いについて解説していこうと思います。

テストネットとは

仮想通貨のテストネットというのは簡単に説明してしまうと「試運転場」ということになります。

その仮想通貨のネットワークやシステム、取引がきちんとできるかを確認するための実証実験を行うためのテストスペースです。

ブロックチェーン以外のプログラム、たとえばSNSやアプリ、通信ネットワークでも必ず試運転のためのベータ版が作られますよね?

まさにそのイメージです。

もちろん知識や技術力の豊かな人たちが開発に携わっているものの、いきなりそのままをリリースしたらバグや不具合が起こることも多いです。

そのため、事前に十分な時間をとって「この仕様で大丈夫か」「なにか不具合はないか」というテストを繰り返しているんです。

最初の開発時だけでなく、アップデートなどで新しい機能が追加される場合にも必要です。

また、そのテストは幾度となく繰り返されるため仮想通貨のテストネット内で使われるトークンは市場価値がなく、日本円やアメリカドルとは交換できません。

たしかに試験でたくさんつかっていたら、マーケットに影響するかもしれませんね。

通貨によって特色があるので、仮想通貨によってはテストネットの定義や存在意義などもさまざまです。

・ビットコインの場合

ビットコインの場合、私たちが普段使っているネットワークとはほかに、testnetネットワークという開発や新技術を試すためのネットワークがあります。

たとえば、「Segwit実装」「ライトニングネットワークのテスト完了」「アトミックスワップの実験成功」などのニュースを目にすることがありますね。

これらの新技術を導入するときも、必ずTestnetで実験を重ねてから通常のネットワークに採用しているんですよ。

testnetネットワークで使えるコインは無料で手に入れられ、価値をもちません。しかし取引の仕組みなどは普通のビットコインと同じ機能になるのでテスト的に使うことができます。

開発チーム以外のユーザーでもビットコインのブロックチェーンを使ったアプリやプラットフォーム開発のテストなどでも使われます。

ちなみにこのTestnetのコインはTest Net Faucetから手に入れることができますよ。もらえる量はタイミングによって異なります。テスト等が完了したら返送用アドレスに返すことなどの注意点があります。

・イーサリアムの場合

イーサリアムはERC-20などのトークン作成用プラットフォームなどが広く利用されており、もっともテストネットワークが充実している仮想通貨かもしれません。

最近人気のdAppsゲームのベータverをプレイするときにもテストネットが使われ、METAMASK等のウェブウォレットからでも簡単にアクセスできます。

現在この3つが主にイーサリアムのテストネットとして使われています。

Ropsten

トークン発行などでもっとも多く使われているテストネット。新規トークン発行のテストや、ネットワーク・スマートコントラクトなどイーサリアム独自の機能をちゃんと使えるかテストする目的で利用されます。

以前は同様の機能を持っていたMordanテストネットワークが存在していましたが、ハッキングなどの攻撃を受けて現在では使われていません。

Ropstenは比較的安全に使えているようですが、こちらも攻撃を受けることがあるのでテストするときは注意してくださいね。

Kovan

こちらもトークン発行やプラットフォームの開発に使われるテストネットワークです。Proof-of-Authority(PoA)=権威の証明というアルゴリズムを採用しており、情報の保護レベルが高いプラットフォームに使われます。

ただ、一般的にはRopstenを使う人が多いため、利用者数はそこまで多くないといえます。

Rinkeby

もともとは、こちらも独自のトークンの発行やクラウドセールを行うために使われることが多かったです。現在ではdAppsゲームのベータテスト参加でよく使われるテストネットです。

・トロンの場合

トロンは2018年3月31日にテストネットを公開しました。2017年の夏にバイナンスで行われたICOでは初回30秒、次は10秒で売り切れるほどの人気でした。

しかし、ホワイトペーパーの不備などからその存在自体を不審に感じる人も多かったのも事実です。

トロン運営陣はそのイメージを払拭するためか、テストネット実装時にはタイムズスクエアに大きな広告を出すなどして話題を呼びました。

こちらはユーザーのためというよりかは、トロンネットワークの基礎を作るためのテストネットという感じみたいですね。

仮想通貨におけるメインネットとは

仮想通貨におけるメインネットは、しばしば「本番の環境」などと訳されます。

ビットコインやイーサリアムなど、普段私たちが使っている送金システムやプラットフォームのことです。メインネットワーク・ライブネットワークともいわれています。

このメインのネットワークで利用されるトークンは市場価値がつきます。

開発段階のプラットフォームがテスト環境から、メインネットに以降する場合はトークンスワップをしなければいけません。

今後メインネットが公開される予定の通貨

・TRON

2018年5月31日に無事にメインネットへ以降しました!これまではイーサリアムネットワークで稼動していましたが、独自のOdyssey2.0へ段階的に移行されます。

当初の予定ではメインネットへの移行は7月1日となっていましたが、今年の春に急遽繰り上げが発表されました。

6月25日までにメインネット移行が完了するそうですが、それまでにスワップを忘れても「永久トークン変更カウンター」を利用すれば新通貨に変えられるそうですよ。

・EOS

1年間行っていたICOが6月初旬に終了するのと同時に、イーサリアムネットワークからメインネットへ移行する予定です。

トークンスワップをアナウンスしているそうですが、現在まで約半数までしか完了していないそうです。

自分でスワップを行う方法もありますが、不安な人はバイナンスやHuobiなどの取引所に預けて自動でやってもらうのがいいかもしれません。

・Vechain

ブロックチェーンを用いて製品の偽証を管理するヴィチェーン。6月30日にメインネットが実装されます。

それに先駆けてスマートコントラクトを利用するためのダブルトークンリワードという仕組みがあり、VEN保有量に応じてコントラクト専用のトークンがもらえるキャンペーンも行われています。

・Ontology

業務や契約の信頼性を高めたり、遂行を確認するためのビジネス向けのプラットフォームです。

メインで使われるのはONTトークンですが、メインネットに移行した際に取引やスマートコントラクトで使えるONGトークンがもらえるそうです。

具体的な日にちは明らかになっていませんが、公式サイトでの告知があったので少なくとも年内には行われると見られています。

・Cardano

オンラインカジノ・ゲームをメインにしたプラットフォームです。

2017年9月からメインネットへの移行が始まっていますが、限定的な処置にとどまっています。

メインネットの分散化を目的としたShellyというプロジェクトが2018年段階的に行われる予定です。

まとめ

この記事では、仮想通貨におけるテストネット・メインネットについて解説しました。

既存の通貨もテストネットで新技術の実験に成功したり、新しい通貨もメインネットへ実装したりするのはチャートにも影響します。

新しい通貨を買うときなどにも、このような情報が使えるので以外と便利ですよ。

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓