【仮想通貨】ブロックハウスの登録・買い方などを詳しく解説!

仮想通貨によるICO(資金調達)は、ビットコインやイーサリアム、リップルのように今後大きな値上がりが期待できそうな様々なアイデアが集まり、現在色々なICOが発表されています。

ただ、ICOで少し不安なのが、「詐欺案件じゃないのか?」という部分ですよね。実際に、ICOによって資金を調達した後、開発者の行方が知れず開発が頓挫してしまうものも中にはあります。

そこで、世界中のICO案件を厳しく審査して、様々な投資対象を選べるプラットフォームがあればどうでしょうか?今まで個別に案件を選んでいた時に比べて、かなり信頼性が高まりますよね。

今回紹介するのは、上記のような便利なサービスを提供しているBlockhaus(ブロックハウス)です。ブロックハウスを利用することで、今後成長が期待できる様々な案件を簡単に探せて、しかも安全性の高い投資が行えます。

では、ここからはブロックハウスの登録方法や、ICOトークンの購入方法などについて詳しく紹介していきましょう。

Blockhaus(ブロックハウス)の特徴を紹介!

仮想通貨のICOは、資金調達を行いたい個人や団体が世界の投資家に資金を募ることです。今まではICOを行う発行主体の公式ホームページなどで個別にトークンを購入することができました。

しかし、投資家側からすると、そうしたホームページに記載されている投資情報は、あくまでも発行主体側の主観の濃い内容となっているため、大変リスクの高い投資判断になってしまいがちです。

そこで、Blockhaus(ブロックハウス)は、資金調達を行いたい個人や団体のホワイトペーパーを精密に調査。そして、審査に通過した発行主体のみがブロックハウス内でトークンを販売することができます。

トークンの発行側にしてみれば、厳しい審査に通過したことで、世界に向けてプロジェクトやロードマップの信ぴょう性や正当性をアピールすることに繋がります。

また、投資家にとっては、審査をクリアした発行主体に対して一定の信頼性を持たせることが可能と言えるでしょう。ブロックハウスの審査を通過するには、開発目的が分かる資料や、今後の進捗予測などを正確に提示する必要があるので、詐欺案件の防止に役立つとされています。

そのため、「ICOに投資するのは危ない!」というイメージは、もはや過去のものとなりつつあり、一般公開された仮想通貨に投資するように、安心してICO案件に資金を投じることができるのです。

ブロックハウスにはどのようにして登録を行えばいい?

ブロックハウスでICOトークンを購入するには、まずブロックハウスに登録をしてユーザー情報を作っておく必要があります。基本的な手順は下記のようになり、取引所に登録する時のように手間や時間もほとんどかかりません。

  1. ログイン情報の登録
  2. 電話番号認証
  3. ユーザー情報の登録
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 本人確認書類と住所の照合
  6. メタマスクのアドレスを入力

では、一つずつ順に画像を使って分かりやすく解説していきましょう。

ログイン情報の登録

ログイン情報を登録するには、まずブロックハウスの公式サイトにアクセスし、「サインアップ」をクリックしてください。基本的には海外のサイトなので、トップページ右上から言語設定を日本語にしておくと分かりやすいです。

フィッシング詐欺の恐れなどもあるため、できるだけ下記のリンクを参照していただいた方が良いと思われます。

ブロックハウス登録画面

サインアップの画面では上のように「個人」か「法人」かを選択するので、適合する方を選択してください。ここでは個人で登録する方法をメインにお伝えしていきます。

画面が進むと、今度はメールアドレスとパスワードを入力する画面が表示されます。アドレス宛には後でメールが届くので、文字を間違えないように注意しましょう。入力が終わったら「次へ」を押してください。

電話番号認証

電話番号認証はユーザー情報のセキュリティを高めるために必要となります。日本の場合は携帯電話や固定電話の番号の前に、「+81」と入力します。

「送信」をクリックすると、記入した電話番号宛にSMSが届きますので、中に記載されているコードをコピーして、画面の「コードの入力」のところへ貼り付けてください。

ユーザー情報の登録

今度はユーザー情報を登録します。先ほどの画面の続きで、今度は氏名や国籍、生年月日などを入力する画面が表示されます。全て入力して「次へ」を押すと、ユーザー情報の登録は完了です。

本人確認書類のアップロード

今度は上のような画面が開きますので、ここで運転免許証かパスポートを写真に撮ってブロックハウスにアップロードする必要があります。

画面の中にある「Start ID verification」をクリックしてください。

Passportはパスポート、Driver’s licenseは運転免許証のことです。どちらかをクリックすると「Choose files」という画面が開きますので、撮影した写真をアップロードしてください。

本人確認書類と住所の照合

本人確認書類の整合性を確かめるために住所登録を行います。

住所を入力して「Japan」を選択、そして最後に「次へ」を押してください。

メタマスクのアドレスを入力

最後にメタマスクのアドレスを入力します。

パブリックキーアドレスという画面が表示されると、「既存のアドレスを使用する」にチェックを入れます。

メタマスクから入手したウォレットアドレスを最下部に入力しましょう。そして、最後に「提出する」をクリックすると全ての登録作業は完了です。

ブロックハウスでトークンの買い方

ブロックハウスとでトークンを購入するには、まずログインページの上にある「投資」という項目をクリックしてください。

上のような購入画面が表示されると、トークン名を選択してください。

そして、バーを動かすことで好きな数量を選択することが可能です。

項目を埋めると「購入」をクリックしましょう。

すると、購入の規約画面が表示されますので、最下部に署名を行い、「確認」をクリックすると取引が確定します。

まとめ

ブロックハウスの登録やICOトークンの購入などは、ほんの数個の手順を踏むだけで簡単にできます。

ただし、入金はイーサリアム通貨(ETH)を利用するため、あらかじめイーサリアム専用ウォレットの「MetaMask(メタマスク)」に登録しておく必要があります。

メタマスクの登録方法などについては別の記事で紹介致しますので、そちらをご覧ください。

ブロックハウスの登録は無料で、誰でも行えるので、ICO案件に興味がある方は一度ご検討ください。

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓

コメント

  1. 成田 より:

    ブロックハウスで購入後は
    メタマスクに
    どの様に
    送金するのでしょうか?
    それとも
    ブロックハウスのトークンは
    メタマスクに反映されるのでしょうか?
    教えて頂けると助かります。

    • hideaki0502 より:

      成田さんコメントありがとうございます。

      ブロックハウスからメタマスクに送付する方法ですが、ブロックハウスの「出金する」からトークンを選択後、数量を決めて出金することができます。

      反映させる方法は「残高」ページの購入されたトークンの右にあるアドレスをコピー、メタマスクの「ADD TOKEN」でアドレスをペースト、「Decimals of precision」には数字を入れます。

      その数字はhttps://etherscan.io/←このサイトで先ほどコピーしたアドレスを検索窓で検索してからトークン契約のところをクリックすれば「decimals:数字」が表示されています。

      アドレスとその数字をメタマスクに設定すれば反映されるようになるかと思います。

      また、プラグなどのトークンはまだセール中で、まだ出金できないようですのでしばらく待つ形になります。

      文字だけでわかりにくいかもしれません・・・
      また他にご不明な点があればお気軽にお尋ねください^ ^