ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設と買い方

ビットフライヤーは利用するユーザー数、そして仮想通貨取引量で日本一を誇る取引所です。世界でも、24時間の仮想通貨取引量が260億円と12番目に高い記録を残しています。

ビットフライヤーの良さは、日本語対応や日本円を入金できることはもちろんですが、不正ログイン保証サービスや二段階認証で安全性が高く、なおかつ仮想通貨を約1秒で取引できる「bitWire(ビットワイヤー)」の独自サービスで人気を集めています。

投資初心者の方におすすめの取引所となっていますので、この記事で口座開設や入金、仮想通貨の購入方法を理解して、さっそく使ってみてください!

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設方法

ビットフライヤーの登録方法はとても簡単!たった3つの手順を踏むだけで口座が作れてしまいます。3つの手順は下記の通りです。

  1. 会員情報の登録
  2. 個人情報の登録
  3. 本人確認書類のアップロード

では、それぞれの方法について画像を使って分かりやすく解説していきましょう!

まずはこちらのビットフライヤーを開いてください。

メールアドレスで会員情報を作る

会員情報を登録するには、まずビットフライヤーの公式サイトからメールアドレスを入力し、「アカウント作成」をクリックしましょう。

すると、アドレス宛にメールが届きますので、中に記載されている「キーワード」を、先ほどのビットフライヤーの画面から入力します。

また、メールには初回ログインパスワードも同時に記載されていますので、今後はご自身のメールアドレスとパスワードを利用して、いつでもログインすることが可能です。

氏名や住所などの個人情報を登録する

ビットフライヤーにログイン後、「アカウント情報」から「ご本人情報の登録」をクリックすると、下のような画面が表示されます。

上の画像のように、氏名や住所、生年月日など画面内に表示されている全ての情報を埋めていきましょう。また、この後、本人確認書類として身分証明書を提示する必要がありますが、ここで入力した情報は身分証明書と同一の情報である必要があります。

本人確認書類をアップロードする

個人情報の入力が終わると、下のような画面が表示されます。ここで、個人情報を特定するための「本人確認書類」を提出する必要があります。

身分証明書は、下記のように3タイプの写真を撮影する必要があります。

  • 本人と身分証明書が一緒に写っている写真
  • 身分証明書(表側)
  • 身分証明書(裏側)

写真が撮影できれば、画像ファイルを選択というボタン、もしくは直接画面に画像をドロップするとアップロードできます。

ちなみに、

ビットフライヤーで身分が確認できる書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 外国人登録証明書
  • IDセルフィー

このうち、最低でも一つ以上の書類が必要なので、登録する前に準備しておくとよいですね!これで、ビットフライヤーの口座開設手続きは全て完了しました。

ここからは実際に日本円を入金して、仮想通貨を買う方法を紹介していきましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)で仮想通貨を買う方法

ビットフライヤーで仮想通貨を買うには、まずビットフライヤーにお金を入金して自分の資金を確保する必要があります。

ビットフライヤーでは、選択できる銀行口座が「三井住友銀行」か、「住信SBIネット銀行」の2種類しかありません

他の銀行から入金した場合、銀行手数料はユーザーが負担する必要があるため、少しでも節約するために上記どちらかの口座を開設しておくと良いでしょう。

ビットフライヤーの入金方法

ビットフライヤーのログインページのホーム画面から「入金」を選びます。すると、下のような画面が表示されます。

ここでは自分の銀行情報を入力していきます。入力が終われば次の画面に進みましょう。

すると、上のような画面が表示されますが、ここでは「日本円入金」か「クイック入金」の2つが選べます。

クイック入金は、情報が即座に反映されるため急いでいる方におすすめですが、クイック入金手数料が300円発生してしまうのと、外部の取引所に送金するのは1週間で10万円までなってますので気をつけてください。

日本円入金は、金融機関の窓口によって対応している時間が異なり、遅くなれば翌日まで入金が反映されないこともあります。しかし、手数料がかからないのがメリットですね。

次に、振込先を選ぶ画面が現れ、同時に入金額を入力できます。それぞれ入力が終われば、ビットフライヤーに日本円が振りこまれます。

ビットフライヤーで仮想通貨を買う方法

ビットフライヤーで仮想通貨を買う方法について解説します。ここでは、ビットコインを例に購入方法を説明していきましょう。

まず、ログインページのホーム画面より「ビットコイン取引所」を選びます。

すると、上のように注文板と呼ばれる画面が表示されます。基本的に「Ask」とは「売りたい人がこれくらいいるよ」ということで、「Bid」はその逆に買いたい人の数です。

また、「JPY/BTC」は「売りたい(買いたい)人のビットコインの価格」のことですね。

そして、同じ取引画面に上のような画面が表示されていますので、価格と数量を記入して「売る」か「買う」のどちらかを選びましょう。これが、ビットフライヤーの基本的な取引の流れですね!

まとめ

ビットフライヤーでは、2018年3月13日現在、ビットコインやビットコインキャッシュ、イーサリアムなど人気のある銘柄が6種類購入できます。

今回は、ビットコインを例に取って仮想通貨の買い方を紹介しましたが、他の通貨も基本的な取引の流れは同じです。

ビットフライヤーは金融庁の仮想通貨交換業者に登録されている点で信頼性の高さがあり、初心者の方はビットフライヤーから投資を始めてみることをおすすめします!

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓