Bit-Z(ビットジー)の登録方法!二段階認証から本人確認まで(完全版)

取引所Bit-Z(ビットジー)の登録方法や仮想通貨の取引方法まで詳しく解説しました!

2016年にサービスを開始した比較的新しい取引所なので、利用したことのない人も多いかもしれません。

wowbitが上場したことにより、日本でも少し有名になりましたね。

しかし、実際に利用してみるととても便利で使いやすいので、仮想通貨取引をしている人にはおすすめなんです。

この記事ではBit-Zの登録から利用方法について細かく解説していこうと思います。

Bit-Z(ビットジー)とは

Bit-Z(ビットジー)の基本情報

Bit-Z(ビットジー)取引所は、香港を本拠地に置く仮想通貨取引所です。

最近の仕様やサイトデザイン等がBinanceと似ていることから「バイナンス2.0」「第二のバイナンス」と呼ばれることもありますが、2016年開設なので実はこちらの方が先輩(Binanceは2017年夏開設)。

このブログでもおなじみのWowooなどの人気のコインが上場していたり、OTC(直接取引)ができたりと独自の魅力で人気を集めているんですよ。

・取引手数料が安い

Bit-Zは手数料が比較的安く、Maker/Takerに限らず一律0.1%となっています。

同じく香港に拠点があるHuobi proは一律0.2%なので半額です。

しかし、バイナンスやKucoin等のようにオリジナルトークンを使うと手数料半額!などのサービスはありません。

有名な海外の取引所ではもっと手数料がかかるところも多く、有名なBittrexは手数料が0.25%かかるので0.1%でも十分安いといえるでしょう。

・取り扱い通貨が豊富

取り扱い通貨の種類が豊富なのも特徴です。

着実にユーザーを獲得しており、記事作成時の2018年5月24日にはCoinmarket capの取引量ランキングで12位をつけています。

この取引高ランキングを見てもわかるように、ビットコインはランキングに入っていません。

取引高2位がTRONで3位がビットコインキャッシュというのが、中華系のユーザーが多いんだなぁという感じですね。

ICOが終わった銘柄にいち早く対応していたり、バイナンスなどでは取り扱っていないコインも多くあるので複数の銘柄に投資したい人におすすめです。

取り扱い通貨は80種類(5月24日時点)で、機軸通貨はBTC/ETH/DKKTの3種類です。

DKKTとはデンマークの法定通貨であるクローネと同価値に固定された仮想通貨です。

アメリカドルと価格が連動しているTether(USDT)が取引所の機軸通貨に使われることもありますが(同じ香港のBitfinexなど)1DKKTは約17円なので、価格の低い通貨の購入する際に便利かもしれません。

Bit-Zでは、所有しているビットコインやイーサリアムをDKKTに変えて価格の急激な変動に備えたりするほかにVotecoinの購入にも使えます。

Votecoinとは上場させたいコインへの投票に使うトークンです。

実際に自分が投票した通貨が上場したら、特典ももらえるようなので最近注目されています。

Bit-Z(ビットジー)への登録方法

Bit-Zへの登録方法をステップごとに解説していきます。

ちなみにBit-Zには4つのアカウントレベルがあり、このように分けられています。

レベル 利用資格 取引内容
レベル0 メールアドレスでアカウント登録 閲覧(入金・取引等は×)
レベル1 氏名・生年月日等入力トレードパスワードを登録 仮想通貨の入金/取引
レベル2 住所・携帯電話番号の入力 仮想通貨の出金(~2BTC / 日)
レベル3 本人確認 出金(~10BTC / 日)
OTC取引 (個人間の取引)

本人確認のレベルによって取引できる内容が異なるのですね。

・アカウント登録

まずはアカウントを登録しましょう。>>こちら<<から登録画面へアクセスできます。

Bit-zで利用したいメールアドレスと、パスワードを入力します。

セキュリティを高めるためにパスワードの使いまわしはしないでください。複数の取引所を利用している場合は、パスワード管理ソフトやエクセルで保存しておくと便利ですよ。

すべて入力して間違いがなければ「Submit(確定)」をクリックします。

するとこのような画面が出ます。

ロボットによる操作ではないことではないことを証明するための確認なのですが、バイナンス等でも同様の仕組みが使われていますね。

登録したメールアドレス宛に下記のようなメールが来ています。

本文中のURLをクリックするとアカウント登録完了で、ログインしましょう。

Sign in(ログイン)ボタンをクリックすると、Verifiction code(識別コード)を入力しろという画面が表示されます。

識別コードはメールで送られてくる6桁の数字で、その都度メーラーを確認する必要があります。

すこし手間ですが、セキュリティ面が頑丈ということですね。

識別コードを入力して無事にログインできたら、このようにトップ画面に切り替わります。

この時点でアカウントレベルは0です。

まずは出金時などにつかわれるトレード用のパスワードを設定します。

ちなみにトレード用のパスワードはログインパスワードと同じできないので、必ず別のものを用意してください。

ここまで完了したらアカウントレベル1です。

次は住所と携帯番号の大まかな個人情報を登録します。

これでアカウント登録が完了し、アカウントレベルは2になりました。

・二段階認証登録

二段階認証を登録して、セキュリティを上げましょう!

事前に認証アプリをダウンロードしておきます。

iphoneの場合は 【Google Authenticator 】
Androidの場合は【Google 認証システム】

トップページの上部にあるメニューバーから「Account」→「2FACode(二段階認証)」の順で選択して、このような画面を表示させます。

アプリを起動して画面の中のQRコードを読み取るのですが、その下に表示されている秘密鍵を必ずコピーしておいてくださいね。(端末紛失時や機種変更時に必要です。)

ページをスクロールするとこのように入力欄が出てきます。

またここでも識別コードが必要なので「Get Verifiction code(識別コードを得る)」ボタンをクリックして、メールで新しい識別コードを受信しましょう。

アプリでQRコードを読み込んで表示された6桁の数字とログインパスワードを入力すると、二段階認証を有効になります。

これで次回ログイン時などで二段階認証が有効になるので、その都度アプリに表示される認証コードを入力していきましょう。

・本人確認

最後は本人確認を行います。

身分証の画像をアップロードして、確認されるとアカウントレベル3に認定されます。取引できる金額も違うので、最初に行っておくといいでしょう。

トップ画面→Account→Verifictionで選択すると、以下の設定画面になります。

ここでは、身分証の番号/身分証の鮮明が画像/身分証を持った自撮りの画像をアップロードします。

自撮りするときには、申し込み日時とBit-Zの名前を自筆で書いた紙も一緒に写真に収めることを忘れずに。

少し面倒ですが不正防止のため、欠かさず行ってくださいね。

ここまで設定が終わればアカウントレベル3です。

すべてのBit-Zの機能が使えるようになります。

・入金/出金の方法

入金の方法

仮想通貨を入金する画面は、トップ画面→Fundsからアクセスできます。

このように通貨一覧が表示されるので、入金したい銘柄の「Deposit(入金)」をクリックします。

前回はビットコインでご説明したので、今回はイーサリアムを選択してみます。

すると入金先のウォレットアドレスとQRコードが表示されます。

このアドレス宛に自分のウォレットから送金しましょう。

ウォレットアドレスの下に表示されている注意書きには「違うコインをこのアドレスに送るとコインが消失してしまいます。」と書かれています。

Bit-Zのように取り扱い種類が多い取引所ではこのようなミスが起こりやすいので、お気をつけください。

特にビットコインとビットコインキャッシュイーサリアムとイーサリアムクラシックなどが間違いやすいので注意。

出金の方法

出金方法も同じように、Fundsページから出金したい銘柄を選択します。

今度はWithdraw(出金)を押すと、このような画面が表示されます。

送金先のウォレットアドレスを入力します。

よく使うウォレットはあらかじめ登録しておくと、手間が省けるし送金ミスも防げるので便利ですよ。

任意の数量・トレードパスワード・二段階認証コードを入力して、間違いがなければ「Withdraw」をクリックして出金申請します。

あとは自分のウォレットに反映されるのを待ちましょう。

・取引方法

実際に取引をしてみましょう!

トップ→Exchange(取引)をクリックすると、このような取引画面が表示されます。

ページ上部には基軸通貨ごとの通貨ペア・チャート画面が表示されています。

自分がよく取引する通貨ペアはお気に入りに登録しておくと、次回利用時からワンタッチでアクセスできるので便利ですよ。

こちらの画面でもわかるように、Bit-Zのチャートはロウソク足・折れ線グラフ・棒グラフ・取引ボリュームが表示されている高機能チャートなんです。

とはいえ使いにくいという程でもないので、国内の取引所や海外の有名な取引所を使ったことがある人なら問題なく利用できるはず。

さらに下にスクロールしていくと、今出ている注文・注文フォーム・取引履歴が表示されます。

ちなみに注文フォームはなにも指定しないと自動的にその時点で最適なレートが表示されます。急ぎで注文を出したいときや、履歴などを見るのが面倒なときに便利です。

注文を出すときもトレードパスワードが必要なので、その点は注意してくださいね。

このようにBit-Zは操作しやすい取引所なので、初めて海外の取引所を使うという人でも問題なく使えると思います。

さらにトークン配布などお得なイベントなども定期的に開催されているので、こちらもおすすめですよ。

キャンペーンのお知らせなどはこちらから確認できます。

Bit-Z(ビットジー)はスマホも利用できる?

Bit-Zにはスマホでも操作しやすい取引所なのでしょうか?検証してみました!

・スマホアプリが使いやすい!

Bit-Zにはスマホ用アプリが存在します。

ブラウザからアクセスするとパソコンと同じ画面が表示されるのですが、スマホでは少し小さいのでやはりアプリがおすすめです。

iphoneの方はこちら

Andoroidの方はこちら

以前はデベロッパーから配信されていなかったので、Bit-Z公式サイトから直接インストールして プロファイルとデバイス管理を行う必要がありました。

現在では普通にiTunesから検索してダウンロードすればすぐに使えますよ。

画面はこんな感じです。ちょっとバイナンスのアプリに似ていますね。

インストール完了して起動したら、すぐにこのような画面が表示され現在の値段の状況が表示されています。

スマホ用に表示の方法が変更されており、小さい画面でも見やすいです。検索窓もあるので取引したり通貨ペアをすぐに探せますよ。

ひっそりとキャンペーンのお知らせも表示されているので、気になる内容が開催されていたらタップするだけでチェックできます。

メニューは下に表示されていて、ログインするには「Account」をタップ。

メールアドレス・ログインパスワード・二段階認証コードを入力してログインできます。

取引画面を表示するには「Exchange」をタップします。

するとこのようにダイレクトな注文画面に。

グラフ型のアイコンをタップするとチャートを確認できますよ。

ロックをはずして横向き表示にすれば、このように全画面でチャートが表示されます。

表示の間隔も見やすいものに変えられますし、移動平均線も表示されているので出先でもある程度の取引は可能です。

ただテクニカル指標は利用できないので、本格的にチャート分析したい場合はブラウザ版を利用するといいでしょう。

まとめ

この記事ではBit-Z(ビットジー)の基本情報から、アカウント登録について解説いたしました。

注目の銘柄が次々上場していっていることから、今後も利用者が増えていくと見られています。

ブラウザ版も操作性が高く、アプリもサクサク動くので初心者からデイトレーダーなどの上級者にも対応できるおすすめの取引所ですよ。

管理人おすすめ

↓国内のおすすめNo.1取引所↓

↓国外のおすすめNo.1取引所↓